阪神JFはレッドリヴェールが制覇。ハープスターは2着まで

阪神JF

1着 レッドリヴェール
2着 ハープスター
3着 フォーエバーモア

ハイレベルと言われる今年の2歳牝馬の大一番は札幌2歳Sから直行のレッドリヴェールが制覇。人気のハープスターも内を突いてよく伸びましたが最後は首の上げ下げでハナ差の2着。
早い段階で賞金を稼いで一息入れた2頭が揃って来る形となりましたが、牡馬相手に1600,1800重賞で勝ってきた実力はさすがといったところでしょうか。

勝ったレッドリヴェールは中団の中で進めて直線を向いたところで外へ持ち出すロスの少ない競馬。展開やコース取りで得をするわけでも損をするわけでもなく、馬の能力をきちんと発揮させる乗り方だったと思います。
ゴール前での勢いはハープスターの方が優勢でしたが、運も見方にしてなんとか残せたという印象ですね。
これでこの馬は極悪馬場での札幌2歳Sに続く連勝で、根性型というか力強いイメージになりそうですが、この日の馬体重418kgが示すように馬体は小さく、どこにこんな力があるのかと驚かされます。
ステイゴールド産駒でクラシックはもちろん先々が非常に楽しみな一頭ですね。

2着ハープスターは休み明け、馬群の中を割った事などもあって新潟2歳Sで見せたほどの末脚は繰り出せませんでした。
ただそれでも上がり最速の33.6、最後は首の上げ下げでしたから十分に力は見せたといっていいでしょう。
来年のクラシックの中心になってくるのは間違いありませんが、今回のレースではそこまで突き抜けた存在ではないのかなと思わせる部分もありました。
ライバルも揃っていますし、来年の牝馬クラシックは本当に面白くなりそうです。まずはこの馬が順調に中心で戦ってほしいですね。

3着フォーエバーモアはバラけた先行集団の一番後ろという位置取りもよく、直線では一旦抜け出しあわやの場面を作りました。
うまく乗れた分も大きく、結果は3着ですからそこまで大きな評価はしにくいところですが、レースが上手そうなのはいいですね。
ネオユニヴァース産駒でこの走りだと中山が合いそうですが、ここまでは新潟東京で勝ってます。
今回の上位2頭とやれるだけの力があるかどうかも含めてもう少し見てみたいですね。

2番人気ながら7着に敗れたホウライアキコは展開的にも少し前すぎた部分はありますが、少しハッキリと負けすぎですね。
ヨハネスブルグ産駒という事で成長力や坂の対応力など、この馬の今後は注目です。

休み明けでの阪神JFを過去データから。ハープスター、レッドリヴェール

今年の阪神JFは新潟2歳S以来となるハープスター、札幌2歳S以来となるレッドリヴェールと2頭の有力馬が3ヶ月位上の休み明けでの出走となります。
ともに牡馬相手に重賞を勝っている馬ですから、当然注目度は高いのですがやはり休み明けという点は気がかりです。

過去10年で3ヶ月以上の休み明けで阪神JFに出てきた馬をまとめてみます。

3ヶ月以上の休み明けでの阪神JF(5番人気以内または5着以内)
馬名 前走 阪神JF 間隔週
13 ハープスター 新潟2歳S
1人気1着
15
13 レッドリヴェール 札幌2歳S
2人気1着
14
11 エピセアローム 小倉2歳S
2人気1着
2人気8着 14
09 シンメイフジ 新潟2歳S
1人気1着
1人気5着 14
05 エイシンアモーレ 小倉2歳S
3人気5着
4人気4着 13
04 アンブロワーズ 函館2歳S
6人気1着
3人気2着 17

このレースに休み明けで出てこられて、更に人気もするとなると夏場の2歳Sを好走した馬だけになりますね。

09年のシンメイフジは新潟2歳Sで上がり32.9という脚を使って勝っていて、ハープスターと似ている部分もありますが、シンメイフジの新潟2歳Sは0.1差の勝ちで、2,3着馬もその後結果を残せていません。
ハープスターの新潟2歳Sは、いちょうS、東スポ2歳と連勝したイスラボニータに0.5差で、5着にマーブルカテドラルもいるメンバーでしたから、その点は考慮しなければいけません。

レッドリヴェールの札幌2歳Sは昨年から開催時期が変わった事もあって、以前の日程では2ヶ月程度となっていた為、同じような馬はいません。
札幌2歳からという事であれば10年のアヴェンチュラ(札幌2歳2人気2着→3人気4着)がいますね。

ちょっと参考が少ないので、2歳馬の休み明けという観点で牡馬を含めてみて朝日杯FS、ラジオNIKKEI杯での休み明けをまとめてみましょう。
一昨年以前の札幌2歳S→ラジオNIKKEI杯2歳Sというローテは3ヶ月はギリギリ開かないんですが、例が多いので参考として入れてあります。

休み明けでの朝日杯FSまたはラジオNIKKEI杯2歳S
(5番人気または5着以内)
馬名 前走 朝日杯FS ラジオNIKKEI 間隔週
12 ラウンドワールド 札幌2歳S
1人気2着
3人気6着 16
11 ゴールドシップ 札幌2歳S
2人気2着
3人気2着 12
11 グランデッツァ 札幌2歳S
1人気1着
2人気3着 12
10 オールアズワン 札幌2歳S
3人気1着
2人気2着 12
10 ウインバリアシオン 野路菊S
2人気1着
3人気4着 14
08 ロジユニヴァース 札幌2歳S
1人気1着
2人気1着 12
08 セイウンワンダー 新潟2歳S
1人気1着
2人気1着 15
06 ナムラマース 札幌2歳S
1人気1着
2人気3着 12
05 アドマイヤムーン 札幌2歳S
1人気1着
1人気2着 12
05 ショウナンタキオン 新潟2歳S
1人気1着
3人気4着 14

やはり2歳Sでの実績を持つ馬がほとんどとなり、好走率はかなり高くなっていますが、やはり順調に使っている馬に1着は譲る事が多いという結果ですね。
特に札幌2歳SからラジオNIKKEI杯2歳Sというローテーションは、完全に翌年のクラシックを見据えてというローテで、ここで勝ち切る程には仕上がってないと見る事はできます。

今回の阪神JFに話を戻すと、新潟2歳Sから朝日杯FSを勝っているセイウンワンダーが成功例となりますが、2歳牝馬にとっての阪神JFと、2歳牡馬にとっての朝日杯FSはだいぶ位置付けが違います。
セイウンワンダーが勝ったこの08年もリーチザクラウンやロジユニヴァースは朝日杯ではなくラジオNIKKEI杯を選んでいますし、一線級の牝馬が揃ってくる今の阪神JFとの違いは考慮する必要がありますね。

総合的に見れば、早い段階で賞金を確保できた馬が来年のクラシックを見据えて一息入れる事はよくある事で、特に問題視する必要はありません。
ただし、この時点で順調に使われている馬に対しては遅れをとる場合も非常に多い、といったところですね。

今回のハープスターやレッドリヴェールの場合は、ある程度の好走はするけれど、ホウライアキコ、マーブルカテドラルなどの実績もあり順調にきている馬に遅れを取る可能性が高い、という結論になります。

阪神JF登録馬23頭。ハープスターなど好メンバーが揃い注目の一戦に

12月8日に行われる阪神JFの登録が行われ23頭が登録を行いました。
ベルカントは既報どおり朝日杯の方に向かうようですね。

ホウライアキコ
マーブルカテドラル
クリスマス
ハープスター
レッドリヴェール
グランシェリー
モズハツコイ
ニホンピロアンバ-
フォーエバーモア
マジックタイム
レーヴデトワール

ここまでの11頭が出走可能な賞金上位です。
以下は1勝馬12頭中7頭が抽選で出走可能です。

アンズチャン
インヴォーク
ヴィンテージローズ
エクスペリエンス
スイードガーデン
タイセイティグレス
タイセイララバイ
ダイヤモンドハイ
トーセンシルエット
マイネグラティア
メイショウアサツユ
ヤマニンアリエッタ

人気の中心は新潟2歳Sで圧巻の末脚を見せたハープスターになりそうです。あのレースのインパクトは大きかったですし、2着がイスラボニータだった事もハープスターの評価を上げています。
その他にも小倉2歳S、デイリー杯2歳Sを連勝しているホウライアキコ、札幌2歳S勝ちのレッドリヴェール、アルテミスS勝ちのマーブルカテドラルなどメンバーはかなり揃っていますね。
阪神JFは来年の牝馬クラシックに直結する事も多いですし、来年を占う上でも非常に楽しみな一戦になりそうです。

白菊賞快勝のレーヴデトワールは中1週で阪神JF参戦へ

白菊賞

1着 レーヴデトワール
2着 アルトゥーナ
3着 ダイワレジェンド

母ダイワスカーレットのダイワレジェンド、前走敗れているもののレーヴディソールの妹レーヴデトワールの2頭の良血馬が注目を集めた白菊賞は、レーヴデトワールは後方から鋭い末脚を見せ快勝。中1週で阪神JFへ挑戦する事になりそうです。

レーヴデトワールは前走かかり気味に先行して失速する競馬をしていて、この血統にしては気性が勝ったタイプなのかと思いましたが、やはりこういう控える競馬をする事になるのでしょうか。
内をうまく回ったアルトゥーナを外から差し切ったこの内容は十分に評価できますし、阪神コースも走ってはいませんが、このレースぶりを見れば恐らく問題ないでしょう。
気になるのは中1週となるローテですね。特に今回-12kgで出ている事からも少し不安は残ります。
同じように後方からで人気になりそうなハープスターも新潟2歳Sからというローテになっているので、特にこちらが不利という事はなさそうですが、追い切りや馬体重にも注意は必要ですね。

3着のダイワレジェンドは今回はキレ負けですね。
現時点では前々で競馬をした方が良さそうに見えますが、まだまだこれからでしょうし今後が楽しみな一頭である事は変わらないですね。

デイリー杯も牝馬。ホウライアキコが重賞2連勝

デイリー杯2歳S

1着 ホウライアキコ
2着 アトム
3着 ピークトラム

全て牝馬が勝っている今年の2歳重賞ですが、デイリー杯も小倉2歳Sを制した牝馬ホウライアキコが制して2連勝となりました。

勝ったホウライアキコはスタートから積極的に出していき、ハナに行くかとも思いましたがそこは抑えてアグネスドリーム、ツァーリに譲り3番手の追走。
外を回る形でしたが、4コーナーでは抜群の手応えで前を捉え、追い出してからは一気に突き抜けました。最終的には追ってきたアトムにクビ差まで詰め寄られてはいますが、レース内容的には完勝と言ってもいいですね。
父ヨハネスブルグという事で早熟スプリンターのイメージはどうしてもありますが、このレースを見せられれば考え方を変えないといけないのかもしれませんね。少なくとも阪神JFでは十分やれるでしょう。
阪神JFではハープスターが人気しそうですが、あちらは後ろからで、このホウライアキコは先行という形になり、予想も面白く見応えのあるレースになりそうです。

クリスマスは武豊騎手とのコンビでアルテミスSへ

函館2歳Sを勝ったクリスマスは武豊騎手との新コンビでアルテミスSを目指すようです。

新馬、函館2歳Sと1200で連勝している馬ですが、血統的には父バゴ、母父ステイゴールドで距離が伸びても面白そうな血統ですし、東京1600のアルテミスSでどのような競馬を見せてくれるのか楽しみですね。

父バゴは菊花賞馬ビッグウィークを出していますが、オウケンサクラが短いところで好走していたり、ナシュワンヒーローやサカジロロイヤルなどマイル以下を中心に結果を出している馬も多く、単純に長距離向きというわけではない印象ですね。
短距離で活躍している馬はある程度先行して踏ん張るという形が多く、善戦はしてもなかなか勝ち切れない印象ですが、このクリスマスも今のところは前々から押し切る形で、函館での連勝。
阪神JFやクラシックとなるとちょっと心配な部分もありますが、まだ2歳夏に2戦しているだけの馬なので、アルテミスSで新しい面を見せてくれるかもしれません。そういう意味でも鞍上武豊騎手というのは面白いですね。

新馬→函館2歳Sを連勝中のクリスマス(美・斎藤誠、牝2)は、秋の始動戦に予定しているアルテミスS(11月2日、東京、重賞、芝1600メートル)で新たに武豊騎手とコンビを組むことになった。
 斎藤誠調教師は「オーナーと協議して決まりました。この中間も吉澤ステーブル(北海道浦河町)で順調に乗り込んでいるし、9月末か10月初旬に帰厩させる予定。馬体重(函館2歳S出走時426キロ)が450キロ台に増えて大きくなっているし、GI(阪神JF)につながる競馬をしたいですね」と2歳女王を見据えていた。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20130913/pog13091305000000-n1.html

札幌2歳Sはレッドリヴェールが勝利。2着マイネグレヴィルで牝馬ワンツー

札幌2歳S

1着 レッドリヴェール
2着 マイネグレヴィル
3着 ハイアーレート

連続開催や天候でかなりの荒れ馬場となってしまっている函館で、この日も雨が降り不良馬場、中でも最悪に近いコンディション。

ある程度前につけなければ勝負にならないという馬場でしたが、レッドリヴェールは道中後方から進み、4コーナーで先頭に射程内に捉える競馬を見せました。
かなり特殊な馬場で適性に大きく左右されるレースだった事で、このレースでいい競馬ができたからと言ってそのまま評価していいのかは分かりませんが、デビュー戦では超スローから切れる脚を見せていて、この連勝ですから一定の評価はできるでしょう。

勝ち時計は1.59.7、上がり3Fは41.3で最速ですから本当にタフなレースとなりました。
このレースでの消耗度も含めて、次走を見てから判断したいですね。

2着マイネグレヴィルはどの馬も前に行きたい中で真っ向から先行争いを制した形ですね。
レッドリヴェールにはやられましたが、さすがブライアンズタイム産駒というようなしぶとさを見せてくれました。
今後決め手勝負で足りない部分が出てくる可能性はありますが、このしぶとさには要注意ですね。

新潟2歳Sに続いて札幌2歳Sも牝馬が制覇。小倉2歳Sの牝馬制覇はまぁ珍しい事ではありませんが、この3つを全て牝馬が制するのは珍しい事なのではないでしょうか。
今年の牝馬は楽しみです。

ハープスターが強烈な末脚で直線一気。新潟2歳S

新潟2歳S

1着 ハープスター
2着 イスラボニータ
3着 ピークトラム

スローペースの流れを最後方から追走したハープスターが直線大外に持ち出すと32.5の末脚で全馬まとめて差し切り勝ち。
新潟コースで伸びやすい外、所謂スローペースのヨーイドン。上がりの数字が出やすい条件は揃っていますが、見た目にもかなり強烈な印象を残す勝ち方ですね。
少し気が早いですが、阪神JFや来年の牝馬クラシックに向けて非常に楽しみな一頭となりました。

ただこの時期ですので、まだ注文は多く、今回はテンの3Fが35.3、1000m通過が60.7とかなりのスローペースになったのですが、それでも追走に苦労するような最後方からの競馬。だからこそあの末脚に繋がった部分もあるとは思いますが、これでは相手も強くなる今後は厳しいでしょう。
派手な勝ち方ではありますが、この勝ち方は各馬の完成度やコースなど含めて新潟2歳Sでしか出来ない勝ち方だとも言えます。
追い込み一辺倒でも面白い馬になりそうですが、やはりある程度の自在性はほしいですね。

父ディープインパクトで母ヒストリックスター。ヒストリックスターはベガが残した唯一の牝馬ですので血統的にも期待がかかる一頭です。
まずはとにかく順調に成長してくれる事を祈りたいですね。

牝馬で5着に入ったマーブルカテドラルは、勝ったハープスターは別として2着集団とはタイム差なし。
ダイワメジャー産駒ですし、ここまでの瞬発力勝負でこの結果なら十分と言えるのではないでしょうか。
この段階ではまだ分かりませんが、どこでも善戦できるような馬になってきそうな感じはありますね。あまり人気にならないようだと尚良いんですけど。

2001年以降の阪神ジュベナイルフィリーズ結果

2012年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 1 1 ローブティサージュ 牝2 秋山真一郎 1:34.2 5
2 4 7 クロフネサプライズ 牝2 柴山雄一 クビ 15
3 5 10 レッドセシリア 牝2 三浦皇成 クビ 10

2011年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 7 13 ジョワドヴィーヴル 牝2 福永祐一 1:34.9 4
2 6 11 アイムユアーズ 牝2 I.メンディザバル 2 1/2 8
3 8 18 サウンドオブハート 牝2 武豊 ハナ 1

2010年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 6 11 レーヴディソール 牝2 福永祐一 1:35.7 1
2 2 4 ホエールキャプチャ 牝2 池添謙一 1/2 4
3 8 18 ライステラス 牝2 M.デムーロ 1 8

2009年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 8 18 アパパネ 牝2 蛯名正義 1:34.9 2
2 3 6 アニメイトバイオ 牝2 内田博幸 1/2 5
3 7 15 ベストクルーズ 牝2 安藤勝己 3/4 6

2008年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 7 13 ブエナビスタ 牝2 安藤勝己 1:35.2 1
2 1 2 ダノンベルベール 牝2 後藤浩輝 2 1/2 3
3 5 9 ミクロコスモス 牝2 鮫島良太 1 1/4 4

2007年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 7 15 トールポピー 牝2 池添謙一 1:33.8 3
2 5 9 レーヴダムール 牝2 藤岡佑介 クビ 8
3 5 10 エイムアットビップ 牝2 福永祐一 1/2 2

2006年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 1 2 ウオッカ 牝2 四位洋文 1:33.1 4
2 5 9 アストンマーチャン 牝2 武豊 クビ 1
3 2 3 ルミナスハーバー 牝2 小牧太 3 1/2 2

2005年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 6 12 テイエムプリキュア 牝2 熊沢重文 1:37.3 8
2 3 5 シークレットコード 牝2 藤田伸二 1 1/2 9
3 8 16 フサイチパンドラ 牝2 角田晃一 1/2 2

2004年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 3 5 ショウナンパントル 牝2 吉田豊 1:35.2 8
2 3 6 アンブロワーズ 牝2 D.ホワイト アタマ 3
3 2 3 ラインクラフト 牝2 福永祐一 ハナ 1

2003年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 8 16 ヤマニンシュクル 牝2 四位洋文 1:35.9 6
2 8 17 ヤマニンアルシオン 牝2 岩田康誠 クビ 10
3 7 15 コンコルディア 牝2 柴田善臣 3/4 12

2002年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 3 5 ピースオブワールド 牝2 福永祐一 1:34.7 1
2 7 13 ヤマカツリリー 牝2 安藤勝己 1 1/2 11
3 5 9 ブランピュール 牝2 本田優 クビ 6

2001年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 4 8 タムロチェリー 牝2 O.ペリエ 1:35.1 7
2 1 2 アローキャリー 牝2 K.ファロン 1/2 9
3 2 3 オースミコスモ 牝2 常石勝義 クビ 2