札幌2歳Sはレッドリヴェールが勝利。2着マイネグレヴィルで牝馬ワンツー


札幌2歳S

1着 レッドリヴェール
2着 マイネグレヴィル
3着 ハイアーレート

連続開催や天候でかなりの荒れ馬場となってしまっている函館で、この日も雨が降り不良馬場、中でも最悪に近いコンディション。

ある程度前につけなければ勝負にならないという馬場でしたが、レッドリヴェールは道中後方から進み、4コーナーで先頭に射程内に捉える競馬を見せました。
かなり特殊な馬場で適性に大きく左右されるレースだった事で、このレースでいい競馬ができたからと言ってそのまま評価していいのかは分かりませんが、デビュー戦では超スローから切れる脚を見せていて、この連勝ですから一定の評価はできるでしょう。

勝ち時計は1.59.7、上がり3Fは41.3で最速ですから本当にタフなレースとなりました。
このレースでの消耗度も含めて、次走を見てから判断したいですね。

2着マイネグレヴィルはどの馬も前に行きたい中で真っ向から先行争いを制した形ですね。
レッドリヴェールにはやられましたが、さすがブライアンズタイム産駒というようなしぶとさを見せてくれました。
今後決め手勝負で足りない部分が出てくる可能性はありますが、このしぶとさには要注意ですね。

新潟2歳Sに続いて札幌2歳Sも牝馬が制覇。小倉2歳Sの牝馬制覇はまぁ珍しい事ではありませんが、この3つを全て牝馬が制するのは珍しい事なのではないでしょうか。
今年の牝馬は楽しみです。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)