阪神JFはレッドリヴェールが制覇。ハープスターは2着まで


阪神JF

1着 レッドリヴェール
2着 ハープスター
3着 フォーエバーモア

ハイレベルと言われる今年の2歳牝馬の大一番は札幌2歳Sから直行のレッドリヴェールが制覇。人気のハープスターも内を突いてよく伸びましたが最後は首の上げ下げでハナ差の2着。
早い段階で賞金を稼いで一息入れた2頭が揃って来る形となりましたが、牡馬相手に1600,1800重賞で勝ってきた実力はさすがといったところでしょうか。

勝ったレッドリヴェールは中団の中で進めて直線を向いたところで外へ持ち出すロスの少ない競馬。展開やコース取りで得をするわけでも損をするわけでもなく、馬の能力をきちんと発揮させる乗り方だったと思います。
ゴール前での勢いはハープスターの方が優勢でしたが、運も見方にしてなんとか残せたという印象ですね。
これでこの馬は極悪馬場での札幌2歳Sに続く連勝で、根性型というか力強いイメージになりそうですが、この日の馬体重418kgが示すように馬体は小さく、どこにこんな力があるのかと驚かされます。
ステイゴールド産駒でクラシックはもちろん先々が非常に楽しみな一頭ですね。

2着ハープスターは休み明け、馬群の中を割った事などもあって新潟2歳Sで見せたほどの末脚は繰り出せませんでした。
ただそれでも上がり最速の33.6、最後は首の上げ下げでしたから十分に力は見せたといっていいでしょう。
来年のクラシックの中心になってくるのは間違いありませんが、今回のレースではそこまで突き抜けた存在ではないのかなと思わせる部分もありました。
ライバルも揃っていますし、来年の牝馬クラシックは本当に面白くなりそうです。まずはこの馬が順調に中心で戦ってほしいですね。

3着フォーエバーモアはバラけた先行集団の一番後ろという位置取りもよく、直線では一旦抜け出しあわやの場面を作りました。
うまく乗れた分も大きく、結果は3着ですからそこまで大きな評価はしにくいところですが、レースが上手そうなのはいいですね。
ネオユニヴァース産駒でこの走りだと中山が合いそうですが、ここまでは新潟東京で勝ってます。
今回の上位2頭とやれるだけの力があるかどうかも含めてもう少し見てみたいですね。

2番人気ながら7着に敗れたホウライアキコは展開的にも少し前すぎた部分はありますが、少しハッキリと負けすぎですね。
ヨハネスブルグ産駒という事で成長力や坂の対応力など、この馬の今後は注目です。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)