阪神JFはレッドリヴェールが制覇。ハープスターは2着まで

阪神JF

1着 レッドリヴェール
2着 ハープスター
3着 フォーエバーモア

ハイレベルと言われる今年の2歳牝馬の大一番は札幌2歳Sから直行のレッドリヴェールが制覇。人気のハープスターも内を突いてよく伸びましたが最後は首の上げ下げでハナ差の2着。
早い段階で賞金を稼いで一息入れた2頭が揃って来る形となりましたが、牡馬相手に1600,1800重賞で勝ってきた実力はさすがといったところでしょうか。

勝ったレッドリヴェールは中団の中で進めて直線を向いたところで外へ持ち出すロスの少ない競馬。展開やコース取りで得をするわけでも損をするわけでもなく、馬の能力をきちんと発揮させる乗り方だったと思います。
ゴール前での勢いはハープスターの方が優勢でしたが、運も見方にしてなんとか残せたという印象ですね。
これでこの馬は極悪馬場での札幌2歳Sに続く連勝で、根性型というか力強いイメージになりそうですが、この日の馬体重418kgが示すように馬体は小さく、どこにこんな力があるのかと驚かされます。
ステイゴールド産駒でクラシックはもちろん先々が非常に楽しみな一頭ですね。

2着ハープスターは休み明け、馬群の中を割った事などもあって新潟2歳Sで見せたほどの末脚は繰り出せませんでした。
ただそれでも上がり最速の33.6、最後は首の上げ下げでしたから十分に力は見せたといっていいでしょう。
来年のクラシックの中心になってくるのは間違いありませんが、今回のレースではそこまで突き抜けた存在ではないのかなと思わせる部分もありました。
ライバルも揃っていますし、来年の牝馬クラシックは本当に面白くなりそうです。まずはこの馬が順調に中心で戦ってほしいですね。

3着フォーエバーモアはバラけた先行集団の一番後ろという位置取りもよく、直線では一旦抜け出しあわやの場面を作りました。
うまく乗れた分も大きく、結果は3着ですからそこまで大きな評価はしにくいところですが、レースが上手そうなのはいいですね。
ネオユニヴァース産駒でこの走りだと中山が合いそうですが、ここまでは新潟東京で勝ってます。
今回の上位2頭とやれるだけの力があるかどうかも含めてもう少し見てみたいですね。

2番人気ながら7着に敗れたホウライアキコは展開的にも少し前すぎた部分はありますが、少しハッキリと負けすぎですね。
ヨハネスブルグ産駒という事で成長力や坂の対応力など、この馬の今後は注目です。

休み明けでの阪神JFを過去データから。ハープスター、レッドリヴェール

今年の阪神JFは新潟2歳S以来となるハープスター、札幌2歳S以来となるレッドリヴェールと2頭の有力馬が3ヶ月位上の休み明けでの出走となります。
ともに牡馬相手に重賞を勝っている馬ですから、当然注目度は高いのですがやはり休み明けという点は気がかりです。

過去10年で3ヶ月以上の休み明けで阪神JFに出てきた馬をまとめてみます。

3ヶ月以上の休み明けでの阪神JF(5番人気以内または5着以内)
馬名 前走 阪神JF 間隔週
13 ハープスター 新潟2歳S
1人気1着
15
13 レッドリヴェール 札幌2歳S
2人気1着
14
11 エピセアローム 小倉2歳S
2人気1着
2人気8着 14
09 シンメイフジ 新潟2歳S
1人気1着
1人気5着 14
05 エイシンアモーレ 小倉2歳S
3人気5着
4人気4着 13
04 アンブロワーズ 函館2歳S
6人気1着
3人気2着 17

このレースに休み明けで出てこられて、更に人気もするとなると夏場の2歳Sを好走した馬だけになりますね。

09年のシンメイフジは新潟2歳Sで上がり32.9という脚を使って勝っていて、ハープスターと似ている部分もありますが、シンメイフジの新潟2歳Sは0.1差の勝ちで、2,3着馬もその後結果を残せていません。
ハープスターの新潟2歳Sは、いちょうS、東スポ2歳と連勝したイスラボニータに0.5差で、5着にマーブルカテドラルもいるメンバーでしたから、その点は考慮しなければいけません。

レッドリヴェールの札幌2歳Sは昨年から開催時期が変わった事もあって、以前の日程では2ヶ月程度となっていた為、同じような馬はいません。
札幌2歳からという事であれば10年のアヴェンチュラ(札幌2歳2人気2着→3人気4着)がいますね。

ちょっと参考が少ないので、2歳馬の休み明けという観点で牡馬を含めてみて朝日杯FS、ラジオNIKKEI杯での休み明けをまとめてみましょう。
一昨年以前の札幌2歳S→ラジオNIKKEI杯2歳Sというローテは3ヶ月はギリギリ開かないんですが、例が多いので参考として入れてあります。

休み明けでの朝日杯FSまたはラジオNIKKEI杯2歳S
(5番人気または5着以内)
馬名 前走 朝日杯FS ラジオNIKKEI 間隔週
12 ラウンドワールド 札幌2歳S
1人気2着
3人気6着 16
11 ゴールドシップ 札幌2歳S
2人気2着
3人気2着 12
11 グランデッツァ 札幌2歳S
1人気1着
2人気3着 12
10 オールアズワン 札幌2歳S
3人気1着
2人気2着 12
10 ウインバリアシオン 野路菊S
2人気1着
3人気4着 14
08 ロジユニヴァース 札幌2歳S
1人気1着
2人気1着 12
08 セイウンワンダー 新潟2歳S
1人気1着
2人気1着 15
06 ナムラマース 札幌2歳S
1人気1着
2人気3着 12
05 アドマイヤムーン 札幌2歳S
1人気1着
1人気2着 12
05 ショウナンタキオン 新潟2歳S
1人気1着
3人気4着 14

やはり2歳Sでの実績を持つ馬がほとんどとなり、好走率はかなり高くなっていますが、やはり順調に使っている馬に1着は譲る事が多いという結果ですね。
特に札幌2歳SからラジオNIKKEI杯2歳Sというローテーションは、完全に翌年のクラシックを見据えてというローテで、ここで勝ち切る程には仕上がってないと見る事はできます。

今回の阪神JFに話を戻すと、新潟2歳Sから朝日杯FSを勝っているセイウンワンダーが成功例となりますが、2歳牝馬にとっての阪神JFと、2歳牡馬にとっての朝日杯FSはだいぶ位置付けが違います。
セイウンワンダーが勝ったこの08年もリーチザクラウンやロジユニヴァースは朝日杯ではなくラジオNIKKEI杯を選んでいますし、一線級の牝馬が揃ってくる今の阪神JFとの違いは考慮する必要がありますね。

総合的に見れば、早い段階で賞金を確保できた馬が来年のクラシックを見据えて一息入れる事はよくある事で、特に問題視する必要はありません。
ただし、この時点で順調に使われている馬に対しては遅れをとる場合も非常に多い、といったところですね。

今回のハープスターやレッドリヴェールの場合は、ある程度の好走はするけれど、ホウライアキコ、マーブルカテドラルなどの実績もあり順調にきている馬に遅れを取る可能性が高い、という結論になります。

ハープスターが強烈な末脚で直線一気。新潟2歳S

新潟2歳S

1着 ハープスター
2着 イスラボニータ
3着 ピークトラム

スローペースの流れを最後方から追走したハープスターが直線大外に持ち出すと32.5の末脚で全馬まとめて差し切り勝ち。
新潟コースで伸びやすい外、所謂スローペースのヨーイドン。上がりの数字が出やすい条件は揃っていますが、見た目にもかなり強烈な印象を残す勝ち方ですね。
少し気が早いですが、阪神JFや来年の牝馬クラシックに向けて非常に楽しみな一頭となりました。

ただこの時期ですので、まだ注文は多く、今回はテンの3Fが35.3、1000m通過が60.7とかなりのスローペースになったのですが、それでも追走に苦労するような最後方からの競馬。だからこそあの末脚に繋がった部分もあるとは思いますが、これでは相手も強くなる今後は厳しいでしょう。
派手な勝ち方ではありますが、この勝ち方は各馬の完成度やコースなど含めて新潟2歳Sでしか出来ない勝ち方だとも言えます。
追い込み一辺倒でも面白い馬になりそうですが、やはりある程度の自在性はほしいですね。

父ディープインパクトで母ヒストリックスター。ヒストリックスターはベガが残した唯一の牝馬ですので血統的にも期待がかかる一頭です。
まずはとにかく順調に成長してくれる事を祈りたいですね。

牝馬で5着に入ったマーブルカテドラルは、勝ったハープスターは別として2着集団とはタイム差なし。
ダイワメジャー産駒ですし、ここまでの瞬発力勝負でこの結果なら十分と言えるのではないでしょうか。
この段階ではまだ分かりませんが、どこでも善戦できるような馬になってきそうな感じはありますね。あまり人気にならないようだと尚良いんですけど。